2016年11月26日

S耐 第6戦 オートポリス


今年は、熊本の地震の影響で、
オートポリスでのレースは
どれも中止になってしまいました。

そして10月1日から再開したオートポリスで、
待望のレースが開催されました。

ST AP 2584.JPG



ST AP 2564.JPG



ST AP 2503.JPG



ST AP 2508.JPG



ST AP 2303.JPG



ST AP 2332.JPG


続きを読む
by あまるな! 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年11月03日

SUPER GT 第7戦オートポリス(2)

2015 11 01 1997.JPG



2015 11 01 2008.JPG



2015 11 01 2054.JPG



2015 11 01 2078.JPG



2015 11 01 2153.JPG



2015 11 01 2399.JPG


2015年11月1日 オートポリス


by あまるな! 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年08月04日

D’STATIONフレッシュエンジェルズ

2015 08 02 00 151.JPG


2015 08 02 00 016.JPG


2015 08 02 00 012.JPG


2015 08 02 10 309.JPG


2015 08 02 10 634.JPG



スーパー耐久 第4戦 オートポリス 2015.8.2


続きを読む
by あまるな! 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年07月07日

(続)マクラーレンはどうする

先週末のイギリスGPで1ポイントを獲得したマクラーレンホンダ。
しかし、状況や状態が良くなっている感じではなさそうだ。

イギリスGP前のこんな記事が出ていた。
マクラーレンのチーム代表エリック・ブーリエは、ホンダエンジンの開発にしびれを切らし始めている。「マクラーレンには、3年、4年と待つ余裕はない」「損害については理解しやすいだろう。ブランドというのは成功によって、それも継続的な成功によって築かれるものだ」 「商業的な面で、この状況は痛い。われわれに加わることに関心を持つ多くの人々や企業が存在するからだ。だが、そうした組織の中には、結果が出ていないことに疑問を持つ人がいるかもしれない」
これまでポジティブな発言を意識していたチームも、ついに本音を。
「ホンダにとっては、5年プロジェクトなら3年か4年後に勝てれば成功したと言えるのだろう」 「マクラーレンには、3年、4年と待つ余裕はない」
これで少し安心した気がしたのは私だけだろうか。
チームもサプライヤーもドライバーもプロなんだから至極当たり前のコメントだし、いつまでもホンダをかばったようなことを言い続けても気持ち悪いだけ。
アロンソだって、「毎週イライラを抱えてはいられないよ」と言っている。
これですっきりした気持ちになりました。
そして、ホンダはこのコメントにプロとして回答を出せばいいだけだと思うのです。
by あまるな! 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年06月22日

マクラーレンホンダはどうする

今年からHONDAエンジンが加わったF1も、もう既に8戦を消化しました。
今年は全部で19レース行われるので3分の1は済み、あと2戦で折り返しというのに、マクラーレンホンダは4ポイント。

ポイントどころか、決勝で最後まで走れたのが、たったの6回(16回中)。
リタイアが8回、そのほとんどがマシントラブルで、ドライバーとしては、競争をする以前の問題。

前戦のカナダGP(第7戦 2台ともリタイア)の終了後には、
「厳しい戦いを予想していたけれど、これだけ噛み合わないと苦しい」
「開幕戦のオーストラリアよりも辛いし、2台そろってリタイアしたマレーシアより、はるかに今日のほうが辛い。これまで積み上げてきたものがあったのに、またスタートラインに立たされたような気分だ」
(ホンダ新井総責任者)
というコメントが伝わってきた。

このようなコメントはこれが初めてではなく、そのたびに、ドライバーのフェルナンド・アロンソとジェイソン・バトンからは「毎週末、大事なことを学び、徐々にいい状態に持っていこう。」「開幕戦から比べると大きな改善を果たしている。時には苦しい日もある。」といったチームへの期待を捨てていないメッセージが聞こえてきた。

そして、昨日のリタイア。しかもグリッド降格を受け入れてのリタイア。アロンソは接触によるリタイアだったが、バトンはマシントラブルという。
バトンは再び「こういう時期にはとにかくポジティブでいることが大事だ。」と言う。

先日のルマン24時間レースでは、「日産は(マシンのパフォーマンスが大きく不足しており)出るべきではなかった」「トヨタは2台走らせるなら(3台走らせないなら 勝てないので)出ない方がマシ」などと言われた。(確か由良氏と長谷見氏だったと記憶している)

F1のホンダはどうなのだろうか。
ここまでドライバーにつらい思いをさせてまで、ホンダは今年F1に出るべきだったろうか。
もっと完成度を上げないと、現在ホンダはF1全体のコンペティティブな魅力を消す役割しかしていないと言われかねないと思う。
厳しい意見になってしまったが、世界一を決めるレースだから、ふがいないでは許されないと思う。
by あまるな! 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年06月21日

ZENT CERUMO 石浦無念のリタイア

SUPER GT 第3戦 タイ 決勝

ポールポジションからスタートした38号車レクサス ZENT CERUMOは、残念ながら43周目にトラブルでリタイア。46号車とトップ争いを続けていた最中のトラブルなだけに悔やまれます。

@ 46 S Road MOLA GT−R  本山哲 柳田真孝
A  6 ENEOS SUSTINA RC F 大嶋和也 国本雄資
B 17 KEIHIN NSX CONCEPT−GT 塚越広大 武藤英紀

6号車ENEOSの大嶋・国本は今シーズン初めての表彰台です。

GT300は、3号車のB−MAX 星野・高星が優勝しました。
by あまるな! 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年06月20日

予想を覆す予選順位 レクサスRCFが上位を占める

SUPER GT 第3戦 タイ 予選結果

2015 06 20 01.jpg前評判の高かったニッサン勢が公式練習走行まで上位を占めていて、今回はGTRの独壇場かと思っていました。
しかし、予選のQ1では、GTRは12号車が11位、1号車が13位、24号車が14位とQ2に残れず。
変って、Q2にレクサス勢が39号車以外の5台が残りました。
Q2の1〜8番グリッドを決めるアタックでも、レクサス38号車、36号車がいいタイムを出しました。
Q1でいいタイムをだしたWedsSport(19号車)でしたが、脇阪選手が攻めすぎてスピンし、8番手にとどまりました。


@ 38 ZENT CERUMO RC F    立川祐路 石浦宏明
A 36 PETRONAS TOM’S RC F 伊藤大輔 ジェームス・ロシター
B 46 S Road MOLA GT‐R    本山哲 柳田真孝
C  6 ENEOS SUSTINA RC F  大嶋和也 国本雄資
D 64 Epson NSX CONCEPT‐GT  中嶋大祐 ベルトラン・バゲット
E 37 KeePer TOM’S RC FL  A・カルダレッリ 平川亮


前回、数周でリタイアしてしまった立川選手は、今回のレースで挽回しようと必死だったんだと思います。
50Kgウエイトハンディがある、37号車もQ1、Q2とも頑張ったと思います。


GT300では、土屋武士選手のVivaC 86 MCが初のポールを取りました。11年ぶり(前回はGT500)のポールだそうです。
2番手、3番手につけたのは、前回も好調だった3号車のGTRと10号車のGTRでした。


by あまるな! 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年06月15日

公道レースが開催されるかも モータースポーツ推進法案

「モータースポーツ推進法案」という法律が国会で審議中だそうです。

次項有公道レース実現へ、法案が国会に提出との報 (AUTO SPORT WEB

次項有自民議連、モータースポーツ推進法案の全容明らかに フォーミュラE誘致も(日刊自動車新聞

日本の公道でのプロ・ドライバーのレースが実現するかもしれない。ということです。とても楽しみです。
もちろん、モータースポーツとしてのレースでなければやってはいけないと思いますが、現在の自民党はモータースポーツに理解があるようですので、実現するかもしれません。

特に昨年から始まったフォーミュラーEは、(電気自動車のレースのため)音も臭いも周りに迷惑をかけるレベルではないようなので、公道レースには一番馴染むレースです。その開催を可能にする法改正だと思います。

でも、個人的にはアメリカのインディーカーシリーズが日本で、日本の公道で行われることを一番に期待します。(インディーカーシリーズは、公道レースとオーバルレースの両方を走るカテゴリーでインディ500が有名)
indy.jpg現在、インディーカーシリーズには佐藤琢磨選手が参戦しており、日本では開催されていないにもかかわら多くのファンがいます。
そして、このインディーカーシリーズの公道レースは、とてもコンペティティブで面白し、また、インディーカーの安全性はかなりのハイレベルで接触やクラッシュがあっても余り深刻な事態になりません。(オーバルコースのレースは危険だと 見ていて感じる時がありますが)
インディージャパンで佐藤琢磨選手が優勝するシーンを是非見たいです。
by あまるな! 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年06月14日

ル・マン24時間耐久レース 終了

24時間前に始まった(当たり前ですが)ル・マンがついにチェッカーとなりました。
ポルシェの強さだけが際立った24時間でした。

4.jpg@ ポルシェ 19号車
A ポルシェ 17号車 
B アウディ 7号車



今回はアウディも何度かトラブルが発生し、アウディらしい展開に持ち込めませんでした。

それでも7号車が、幾度かのガレージ入りを行いながらも3位まで戻ってきました。
さすがは、アンドレ・ロッテラ―です。

トヨタは残念ながら6位と8位ですが、最後まで走り切りました。
続きを読む
by あまるな! 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年06月14日

ルマン 15時間経過順位

スタートから15時間経過の順位です。

@ ポルシェ 19号車
A アウディ 7号車
B アウディ 9号車
C ポルシェ 17号車(1周遅れ)
D アウディ 8号車(2周遅れ)
E ポルシェ18号車(3周遅れ)
F トヨタ 2号車(5周遅れ)
G トヨタ 1号車(8周遅れ)

今年のトヨタは大苦戦です。
ポルシェとアウディの進化に対し、トヨタは信頼性の追求がメインの改良だとか。
やはりそれだけでは戦えないレベルで争っているんですね。
外観をさらっと見ただけではわからないけれど、ちゃんと見るとアウディのボディの各所が昨年とは違っていることに気づきます。
一方ポルシェはボディーカラーから全く変えてきていて、それで違いに気付きにくくなっています。

3.jpg

by あまるな! 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年06月14日

ルマン24時間耐久レース 2時間経過

日本時間で13日22時にスタートしたルマン。
2時間経過時点での順位は、
@アウディ 7号車
Aポルシェ 17号車
Bポルシェ 18号車
Cポルシェ 19号車
Dアウディ 9号車
Eアウディ 8号車
Fトヨタ 1号車
Gトヨタ 2号車

現時点ではロッテラーのアウディが先頭ですが、ポルシェの早さはレースになっても変わらずポルシェの優位性は変わらないような気がします。
アウディがどのような戦略で勝ちを狙いに行くかが注目されます。

02.jpg


で、この中継を何時まで見るか、悩ましいところです。
by あまるな! 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2015年06月13日

ルマン24時間耐久レースが始まりました

さきほど(日本時間22時)、今年もルマン24時間耐久レースがスタートしました。

今年は、トヨタが苦戦しています。

スタートからポルシェの3台が1、2、3位を占め、続いてアウディが、4、5、6位、それ続いてトヨタの2台という順位です。
トヨタの1号車には中嶋一貴が、アウディの7号車にはアンドレ・ロッテラ―とブノア・トレルイエが、アウディの8号車にはロイック・デュバルとオリバー・ジャービスが乗ります。

今年から参加のニッサンには、21号車に松田次生とルーカス・オルドネス、22号車にはミハエル・クルムが乗ります。
01.jpg

続きを読む
by あまるな! 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2014年09月16日

スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス (バイク編)

スーパーフォーミュラにバイク編 なんて、変なタイトルですが
2×4(2輪車と4輪車)の、併催でした

バイクはやっぱりコーナーで撮らないと と思い
最終コーナースタンドに場所を移して撮影

2014 09 14 0 1470.JPG


1周目から2周目に入るところで、転倒。
火災が発生し、スタートからやり直しになりました。

ライダーさんは大丈夫のようでしたが・・・

2014 09 14 0 1538.JPG



2014 09 14 0 1425.JPG


バイクには関心がありませんが
カワサキのカラーリングは好きです
2014 09 14 0 871.JPG


2014 09 14 0 1406.JPG


by あまるな! 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2014年09月16日

スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス (4)

最後はステージ編 です

2014 09 14 0 745.JPG


やっぱり、この二人でしょ

2014 09 14 0 791.JPG


愛里ちゃん、変わらずお人形さんみたいです
2014 09 14 0 769.JPG


2014 09 14 0 924.JPG


続きを読む
by あまるな! 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2014年09月15日

スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス (3)


ピットウォーク編です

SUPER GTに比べると混雑は少なく
でも、お目当ての女性たちも少なめ  でした

2014 09 14 0 1335.JPG


ピットウォーク終わり間際に、トムスのピット近くにいたら
おもむろに長机がセットされ、サイン会が始まりました

2014 09 14 0 1356.JPG



セルモのピットでも石浦選手がファンサービス
GTでは選手の立川さんも監督としてファンサービスしてました

2014 09 14 0 1187.JPG


では、お目当てを
お楽しみください(少なめですが・・・)

2014 09 14 0 1365.JPG


続きを読む
by あまるな! 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2014年09月15日

スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス (2)


2位に入賞したのはセルモの国本雄資選手

2014 09 14 0 2026.JPG

国本選手の車はフォーミュラでは珍しい「痛車」

2014 09 14 0 1617.JPG



3位はJ-P.デ・オリベイラ選手

9番グリッドからスタートダッシュを決めポイントを獲得し

選手権ポイントトップをキープ

2014 09 14 0 1838.JPG

続きを読む
by あまるな! 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ