2012年06月08日

久しぶりの勝ちは和田のサヨナラアーチ

点が取れない重い感じの試合を和田がホームランで決めてくれました。
このところ、点を取られ過ぎの感がしてましたが、
今日は何とか2点で止められたのがよかった。

まだまだ、投打とも課題はたくさんですが、まずは連敗ストップです。

6月8日(金) 中日 - 楽天 3回戦 18時 ナゴヤドーム

中日 3−2 楽天

勝  山井 17試合 2勝3敗
負  青山 23試合 1勝2敗9S

HR 和田4号


昨日、一昨日とSkyAチャンネルでファームの試合(阪神戦)を見ていました。

一昨日は、川上憲伸が投げてまずまず。
昨日は山本昌でしたが、こちらも心配なさそうでした。
二人とも、投手陣のピンチを救えそうな気がしました。
今日も、一軍登録はされませんでしたが、登板機会が巡ってくるその日に上がるのではないでしょうか。

新人の川崎が初登板。
失点なく抑えましたが、まだまだフォームが固まっていません。
特に、投げるときに、三塁方向を見てホームから視線が外れる(走者はいません)のが、とても気になりました。

打の方では、松井祐と柳田がいいバッティングをしていました。
が、この二人、まだ上のピッチャーには通用した実績を作れていません。
どこかで一軍で実績をつくれば、そのまま上でいけるのでしょうが、
なかなか機会が回ってきません。
逆に一軍登録の堂上直倫は、二軍の試合でもまったく元気なし。
CD.JPG

by あまるな! 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月28日

スッキリ爽快の試合

今日のゲームは、仕事の疲れが吹き飛ぶような爽快な展開でした。
ほんと、ブランコ様さまです。
ブランコの豪快な1発はストレス発散の効果があります!
谷繁のタイムリーは、肩こり腰痛に効きます!
(ちょっと調子に乗りすぎました)

5月28日 中日 - ソフトバンク 2回戦 18時 ナゴヤドーム 

中日 6−1 ソフトバンク

勝 田島  20試合 3勝
S ソーサ 14試合 1S
負 金無英 17試合 1敗

HR ブランコ11号

先発の山井も、勝ちはつかなかったものの、粘って1失点。
ゲームを作る役目は果たしました。
リーリーフ陣もしっかり押さえて、ソーサに初セーブがつきました。

打線は、ブランコ、和田を中心に好調で点が取れるようになっています。
井端や谷繁もかさにかかって攻めれています。

何より、バンクを連破したのがうれしいです。
仕事ではお世話になっているバンクさんですが・・・
野球でもお世話になりました。


【出場選手登録】朝倉健太  【同抹消】山本昌投手


◆オールスター中間発表

先発投手 3位 山本昌
中継投手 1位 浅尾拓也
抑え投手 2位 岩瀬仁紀
捕手   2位 谷繁元信
一塁手  2位 山崎武司
二塁手  2位 荒木雅博
三塁手
遊撃手  3位 井端弘和
外野手  3位 大島洋平  5位 平田良介 6位 和田 一浩

CD.JPG

by あまるな! 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月27日

バンク戦は初戦勝利 

いちばん負けたくない相手のバンクに勝利でいい気分です。

せっかくリードしても昌さんが沈没で同点に。
2死からの連打でしたが、早めの降板でもよかったかも知れません。
いやな展開から救ったのは、堂上剛裕のバースデーアーチでした。

5月27日 中日 - ソフトバンク 1回戦 18時 ナゴヤドーム

中日 6−4 ソフトバンク

勝 武藤  1試合 1勝
S 岩瀬 26試合 1敗19S
負 吉川 17試合 1敗

HR 堂上剛1号

今シーズン初めて1軍に上がってきた武藤が、山本昌のあとを受けて5、6回を投げて勝利投手。
これがプロ初勝利だそうです。
昨年も1軍で投げていたので、初勝利は「済み」だと思ってました。

今日登録された小笠原も初登板。
さすがのピッチング&焼けた精悍な顔つきでした。

打つ方では、和田が3本の2塁打と全開モードになってきました。

井端が6回の第3打席、手首に死球を受けて冷やりとしました。
その後、守備も打撃もこなしていたので大丈夫なんだろうけど・・・

守備固めとはいえ、8回の攻撃で打席が回ってくるブランコを変えるのはどうかと。
8回の表の攻撃が無失点だったから点差そのままだけど、まだわからない状況で変えてしまうのは・・
案の定、8回裏無死2塁でブランコのはずが、そこに入っていた堂上直がバント失敗で走者を進められませんでした。

5回の攻撃から、ベースコーチが入れ替わりました。
このところバタバタしているのはコーチ陣です。

CD.JPG





by あまるな! 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月26日

山内好投で このカード1勝1分

山内の好投で、日ハム戦は1勝1分。
交流戦に入って、4勝2敗2分。
まずまずの成績なのですが・・・
今日の内容はどうもよくない感じです。


5月26日 日本ハム - 中日 2回戦 14時 札幌ドーム

中日 4−2 日ハム

勝 山内  8試合 5勝2敗
S 岩瀬 25試合 1敗18S
負 ウルフ 8試合 3勝4敗

HR 加藤1号

どうしても走塁のミスが出てしまう。
7回の満塁のチャンスで出たブランコのフェンス直撃打。
これで、3塁ランナーだけしか生還できない上、和田が走塁死。
ランナー森野が本塁で刺されても、次の走者を3塁に残るのだから
状況は同じはず。
いや、ブランコが2塁まで行けるので2死2・3塁になっていた。
3塁コーチが変わってもいっこうに変わらないこのような判断ミス。

2回の井端のバント失敗も含め、なんとも攻めが雑なようです。

山内は、攻めとは逆に丁寧なピッチング。
小林正が打たれて自責点が2になってしまったが降板するまで
ナイスピッチングでした。
が、
山内投手のコメント
「回の途中で交代したくなかった。何とか踏ん張りたかった」

谷繁選手のコメント
「最近、前のバッターがランナーに出てチャンスをつくってくれるので何とか1本打ちたいなと思っているので、カーブか、スライダーですけど何とかうまく打てました。(最近、打撃が好調だが?)良いのか、悪いのかわからないですけど、良かったらもうちょっと打っているかもしれないですね。昨年はけがをする前に1安打しか打てていませんでした。今年は交流戦で打ちたいなと思っていたので、打ててうれしいです。(リードは)大変とかは思っていない。みんな必死に抑えようとしているので、それを助けられるようにやっています」

CD.JPG


by あまるな! 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月24日

上出来ということで

昨日、楽天に負けた時は、ムカっときたけど・・・
吉見がいない、浅尾と平田もいない
朝倉や聡文もしかり
チェンもいなけゃその代わりの川上もいない
なかでは、1勝1敗でもOKとしよう。

雄太の好投も、最初のうちは、
谷繁を殺す気か ってぐらい
制球難で、ワンバウンドだらけ
が、尻上がりにまともな球 投げ出して、
結局、8回を3安打無失点。
結果は好投でした。

5月24日 楽天 - 中日 2回戦 18時 Kスタ宮城 

中日 3−0 楽天

勝 雄太   6試合 2勝1敗
S 岩瀬  24試合 1敗17S
負 ヒメネス 9試合  2勝5敗

HR ブランコ 9号

雄太投手 コメント
「今日は前半、テンポが悪くてそれを何とか修正しようとして投げましたが、修正できて良かったです。打たせて取るピッチングなので、谷繁さんが本当に良いリードをしてくれました。」

権藤コーチ 浅尾についてのコメント
「何も(2軍から)聞いてない。ということはまだということ。急がせてもないし、じっくりできあがってからこっち(1軍)でしょう」

CD.JPG

by あまるな! 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月20日

ツキで勝つ日があってもいい

7回のチャンスを1点どまり(1−2)で終えた時は、このまま負けるだろうと思ってしまいました。
それを8回に、相手が勝手にバタバタしてくれて逆転。
もうけもんの勝ちが転がりこんでくるとは、ツイているんですね。


5月20日 中日 - 西武 2回戦 14時 ナゴヤドーム

中日 6−2 西武

勝  小林正  14試合 1勝
S  岩瀬   23試合 1敗16S
負  岡本篤  21試合 3敗

HR 中村4号

残念ながら、先発だった昌さんは、またもやホームランを食らって、沈んでしまいました。

小林正はがわずか2球で今季初勝利
8回2死二塁のピンチで3番手としてマウンドに上がり、西武の左打者、5番秋山をニゴロに打ち取った。
過去に1球勝利、2球勝利の経験がある“必殺仕事人”。
「いろいろな戦略はありますが(あの場面は)ゴロを打たせれば、ヒットでも一、三塁ですからね」と落ち着いたもの。注文通りゴロを打たせてピンチを脱出。その裏の逆転劇を呼び込んだ。(ニッカン)

和田一浩選手のコメント
「ここのところチャンスで打ててなくて、いろんな声が耳に入っていたんですけど、ああいった形でチャンスが回ってきたので、何とか1本打てて良かったなと思っています。確かにいつもプレシャーはかかっているんですけど。昨日三振を取られたピッチャーで、球筋も見えてましたんで、迷いなく振りにいくことができて良かったなと思っています。」

高木監督コメント
「こんな勝ちがあるんだなぁと。何があるか分からんね。(大島の)バントミスでチャンスはついえたかと思ったら……。
 まぁ、その前のチャンス(7回)の藤井のところで、どうして山崎を使わんかったのかという質問をみんな考えとったと思うんだけど。当然、それは考えたけども、それは別として。(8回には山崎が代打で)よく右につないでくれて、あれが大きくて点になったから。
 まぁでも、ずっと言っとるように、(7回の)井端のところで犠牲フライではなく、本来はヒットを打ってつないでくれないと、1点しか取れない。点が取れない試合が多いのもそういったところ。
(8回に)和田が良く打ってくれた? まぁ、その前のバッター(森野)が打ってくれりゃ楽なんだけど。今のところ3番が、1、2番でつくったチャンスを返せず、クリーンアップにつなげられていない。大事な場面で打ってないから、それも点を取れない展開になっている。」



平田良介外野手は20日、腰痛で出場選手登録から外れた。同日の練習中に左腰に痛みが出た。
22日に精密検査を受ける予定。(時事通信)

CD.JPG

by あまるな! 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月19日

交流戦初勝利

5月19日 中日 - 西武 1回戦 15時 ナゴヤドーム 

中日 3−2 西武

勝 山内  7試合 4勝2敗
S 岩瀬 22試合 1敗 15S
負 石井  7試合 3勝1敗

HR 平田 6号

平田選手のコメント
「良い当たりでした。真芯だったのでフェンスに当たるかな、と思っていたんですけど、うまく伸びてくれました。(7回の好走塁について)初速は遅いんですけど、体重が重いので、二塁ベースを蹴ってからは速いです。
 打てる時も打てない時もあるんですが、僕の魅力は思い切りバットを振ることで、確率は低いけど、チームの勝利に貢献していきたいです」


山内投手のコメント
「最初はチェンジアップの抜け球が多く、谷繁さんに『低く低く』と言われて粘ることができました。僕の持ち味はゴロを打たせて取ることなので、それが良いところでそれが出せて良かったです」


3塁走塁コーチ交代
中日はこの日、これまで一塁コーチだった渡辺内野守備走塁コーチが三塁コーチにまわり、18日に1軍ベンチ入りのコーチ登録をされた上田外野守備走塁コーチが一塁コーチを務めた。
三塁コーチを務めていた平野外野守備走塁コーチは2軍へ。本塁突入などの判断で苦言を呈することが多かった高木監督は「文句が続いて、平野コーチも精神的に参っていた」と話した。
この試合は六回1死二塁から、森野の右前打で三塁をけった二塁走者の大島を、渡辺コーチが止める場面もあった。(サンスポ

CD.JPG


by あまるな! 23:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラゴンズ

2012年05月16日

交流戦はじまる

5月16日 中日 - ロッテ 1回戦 18時 ナゴヤドーム 

中日 1−3 ロッテ

勝 グライシンガー 6試合4勝1敗
S 薮田     18試合2敗12S
負 中田賢     7試合3勝2敗

交流戦初戦は、パ・リーグ4勝、セ・リーグ2勝。
今年もパ高セ低なのか。
理想は、ドラ除くセ低。
 CD.JPG

by あまるな! 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月12日

ブランコ2発

5月12日 広島 - 中日 8回戦 14時 マツダスタジアム 

投手戦をブランコの2発で決めた。
投手も田島、浅尾、岩瀬 の現・勝ちパターンが0封。
もちろん、先発の岩田もよかった。

中日 3−0 広島

勝  岩田  5試合3勝1敗
S  岩瀬 19試合1敗14S
負  野村  7試合2勝3敗

HR ブランコ7号、8号

ブランコのコメント
「5回は打てるボール、良いボールを待っていたらスライダーが来てジャストミートでき、ホームランになりました。2本目もミートすることを心がけて打席に入りました。カーブでしたが、鋭い打球を放つことができました。ちょっとスイングを止めた形になったけど、ホームランで2対0になり、勝利に貢献できたと思います。
(明日)勝つことを心がけます。マサさん(山本昌)が投げるので、全員で力を合わせて勝ち、名古屋に帰りたいと思います」


デーゲームのマツダスタジアムは、気持ちがよさそうです。
一度、行ってみたい テレビを見ていてそう思いました。
CD.JPG


by あまるな! 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月05日

「使い方考えろ!」その前に

まさかの結末にファンも指揮官もぶち切れた。3―1の9回、中日の守護神・岩瀬がラミレス、中村に痛恨の連続被弾。引き分けとされ、ベンチに戻る左腕にスタンドから心ないヤジが飛んだ。
高木監督にも「使い方を考えろ!」。すると指揮官は思わず「考えとるわ、ばかやろう!」と応戦した。和田、平田ら一部の選手も言い合いになるなど、不穏なムードが漂った。(スポニチ

そもそも、前日同様7回・8回の得点機に追加点を入れられなかったのが問題だと思うのですが。
この2回に打席が回ってきた直倫のところでの攻撃のミス。
3日の阪神戦も3−0で終わったものの、終盤チャンスを作りながら追加点を取れなかった。
投手起用の方が問題ではないでしょう。

中日 3−3 DeNA

by あまるな! 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月03日

まだまだ不満 

3−0で勝って5連勝。
喜ぶのが本当なのでしょうが・・・
追加点のチャンスをおろそかにした7回、8回。
どちらも無死1・2塁。
バントじゃないですかねぇ。

5月3日(木) 中日 - 阪神 6回戦 14時 ナゴヤドーム 

中日 3−1 阪神

勝 雄太  3試合1勝
S 岩瀬 17試合1敗13S
負 安藤  5試合2勝1敗
HR ブランコ3号

ブランコのホームラン、やっぱりいい。スカッ−とします。
田島のピッチングも、病みつきになってきました。
CD.JPG



by あまるな! 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年05月01日

貧打

打てませんな。
4安打です。
相手は7安打。
でも勝ち。
昨日も1−0。
投手が頑張っている間に打線の調子が回復するのを祈ります。


5月1日 中日 - 阪神 4回戦 18時 ナゴヤドーム

中日 1−0 阪神

勝 田島  9試合2勝
S 岩瀬 16試合1敗12S
負 久保  4試合2勝2敗 

今日は、浅尾が3連投あとでお休みだそうで、
しっかり田島が代役を務めました。
この新人はすごい。
防御率は0.00。
CD.JPG

by あまるな! 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年04月30日

山本昌212勝目 

山本昌投手コメント
「(これまで記録を持っていた杉下茂さんには)可愛がってもらいましたので、恩返ししようということでね……うれしいです。昨年手術をしてもう1回帰ってこられて、これで(記録を)超えられたということで、まだまだ今シーズン頑張るつもりです。
(投手戦だったが)相手も調子が良いし、後輩たちが頑張っていたので、負けないように頑張りました。(今季4試合で2失点と安定しているが)昨年投げていませんので、何としてもチームに恩返しがしたいということで、それが原動力になっていると思います」


4月30日 中日 - DeNA 5回戦 14時 ナゴヤドーム

中日 1−0 横浜DeNA 

勝  山本昌 5試合2勝
S  岩瀬 15試合1敗11S
負  ジオ  4試合1勝3敗

今日は浅尾の妨害(?)に合わずに、1点差逃げ切り。
にしても、点が取れないひどい打線。
もっと援護してあげないといけないでしょう、先輩が投げているときは。
ね、平田クン、直倫クン。
それにしても、昌さんは、驚異的。
防御率は、0.55。
5試合で33イニング投げて、失点は2。
被安打もたったの14。
凄すぎるオジさんデス。
masa212.jpg

by あまるな! 18:08 | Comment(1) | TrackBack(1) | ドラゴンズ

2012年04月22日

またしても浅尾が・・・

浅尾がまたも山本昌の後を託されて勝ちを消してしまった。
すでに今シーズン2度目。

今日の試合はそれしか印象に残っていません。
残念。


4月22日 広島 - 中日 6回戦 13時 マツダスタジアム

中日 3−2 広島 
勝 浅尾  11試合1勝
S 岩瀬  11試合1敗8S
負 サファテ 7試合1敗3S


今季2勝目は付かなかった。中日の山本昌は7回1失点と先発の役割を果たしたものの、救援の浅尾が1点リードを守れなかった。46歳の左腕は「浅尾には(責任が)重いマウンドばかりで申し訳ない」と後輩を気遣った。
特別な思いを胸に臨んだマウンドだった。「理解者で一番応援してくれた」と言う父の巧さんが19日に亡くなった。24日の葬儀に通算212勝目を供えることはできなかったが、悲しみをこらえて好投した。(共同通信)

次は苦手のヤクルト戦、しかも苦手の神宮です。

1位 中日    12勝6敗2分  勝率.667  打率.248 HR8 防御率1.76
2位 ヤクルト  11勝7敗1分  勝率.661  打率.240 HR8 防御率2.23

ちなみに最下位は6勝13敗、5連敗中の読売です。

CD.JPG

by あまるな! 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年04月20日

何はともあれ3連勝

内容はともかく、勝ちを続けて3連勝。
今年は少し手ごわい広島相手に先勝です。

打線はいまひとつの5安打。
特に1〜4番にヒットがなく、森野は昨年並みの打率に落ちてきました。


4月20日 広島 - 中日 4回戦 18時 マツダスタジアム

中日 2−0 広島

勝 山内  3試合2勝1敗
S 岩瀬 10試合1敗7S
負 バリントン 4試合1勝3敗
CD.JPG

by あまるな! 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年04月19日

吉見のすごさ 

とても調子がいいとはいえない吉見が、完投1失点で読売の攻撃を封じ込めた。
本人の試合後のインタビューを聞いても、解説の落合の言葉からも調子はよくなかったのに、
あっけなくG打線に対し1失点で9回を投げ終えた吉見のすごさを見た。

4月19日 中日 - 読売 6回戦 18時 ナゴヤドーム 

中日 4−1 読売

勝 吉見 4試合 3勝1敗
負 小野 6試合 1敗

HR 平田4号

今日の放送の解説は、前監督の落合氏。
もう1人の解説の槇原が落合の質問の意味を理解できずに聞き返すこと数度。
アナウンサーもついてこれない。
日ごろからどれだけいい加減な放送を聞かせれいるのかよくわかる放送でした。

これで読売戦2勝3敗1分。
前回の対戦から土俵の真ん中まで戻し返すことができたようだ。
CD.JPG


by あまるな! 22:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラゴンズ

2012年04月15日

記録ずくめ 山本昌の今季初勝利

今季3度目の登板で、やっとの白星。
初登板(対 広島)は、5回を被安打3、失点0 だったが、試合は引き分け。
2度目の登板(対 ヤクルト)は、6回被安打3、失点1、岩瀬が逆転され勝ちつかず。
内容は申し分ない投球をしながら、勝ち星が逃げて行った2試合。
今度は、ついに8回まで被安打2、0失点で勝ちをギリギリまで手繰り寄せて後を託した。

4月15日 阪神 - 中日 3回戦 14時 甲子園

中日 3−1 阪神
勝 山本昌 3試合 1勝
S 岩瀬  8試合 1敗5S
負 岩田  3試合 3敗

HR 平田2号

そして今日の1勝は、211勝目で球団タイ記録。
杉下茂さんの記録と並んだのでした。
さらに、セ・リーグ最年長勝利の記録つき。
こちらは09年の工藤公康さん(46歳1カ月)の記録を塗り替え、
さらに
先発勝利のプロ野球最年長記録を塗り替えた。
これまでの記録は、浜崎真二さん(阪急)が1948年に打ち立てた46歳8か月と0日だったがそれを4日上回ったそうだ。
CD.JPG


by あまるな! 20:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラゴンズ

2012年04月14日

締まりのない試合で連敗脱出

とりあえず、連敗は脱出したものの・・・なんとも締まらない、だらしない試合。

初回に6点ももらった雄大は、その裏すぐ2点、2回にも1失点。
結局2回で降板というみっともない出来。

追加点が欲しい3回。
井端、野本の連続ヒットで無死のチャンスに、
小田、平田 と連続でスクイズ失敗。
1点もとれずに攻撃終了。

楽勝の試合が雑勝になってしまいました。

4月14日 阪神 - 中日 2回戦 14時 甲子園

中日 7−4 阪神
勝 田島 6試合 1勝
S 岩瀬 7試合 1敗4S
負 スタンリッジ 3試合 2勝1敗

ずっといいピッチングを続けていた田島が、やっと初勝利。
今日も中盤を長いイニング無失点でしのぎました。
CD.JPG
by あまるな! 22:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラゴンズ

2012年04月13日

泥沼の5連敗 

とうとう5連敗。
さっぱりいいところなし。
W四番はどっちもどっち。
これだったら、落合ドラのようにブランコを使い続けた方がマシか?

4月13日 阪神 - 中日 1回戦 18時 甲子園

中日 3−1 阪神

勝 能見 3試合 2勝
S 藤川 8試合 5S
負 山内 2試合 1勝1敗

ディアスも日本の野球にまったくついていけずに、変化球で簡単に三振を取られてしまい期待できそうにない。
平田も開幕直後のような元気がなく、悪い面ばかりが目立っている。
これでは、勝てそうにない。
辛抱 しんぼう
CD.JPG

by あまるな! 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ

2012年04月10日

逃した1勝は大きい

リリーフ陣が踏ん張って、
6回に四球をからめて逆転、
小林、浅尾、岩瀬 ときたら
典型的な勝ちパターン だった

このところ、いいピッチングの田島の初勝利が逃げた
読売を落ち込ませ、考え込ませる機会を失った
連敗にストップをかけられなかった
大きな勝ちを逃した
井端と岩瀬のベテラン陣でした

4月10日 読売 - 中日 1回戦 18時 東京ドーム

中日 6−6 読売
規定により引き分け

出場登録(4/10) 谷哲也、英智

 CD.JPG


by あまるな! 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ