2008年04月27日

グローバル・タッグリーグ戦 最終戦

最終戦前の時点の得点
三沢・小川組(4勝2敗1分)9点
秋山・力皇組(4勝2敗1分)9点
バイソン・斎藤組(3勝2敗2分)8点
森嶋・ヨネ組(3勝2敗2分)8点

さて、優勝したのは、どのチーム。

●森嶋・ヨネ組 Vs ○丸藤・杉浦組

まさかの森嶋フォール負け。
杉浦のオリンピック予選スラム連発を返せず。
森嶋組が事実上の優勝圏外に。

●秋山・力皇組 Vs 佐々木・中嶋組

こちらは、力皇が健介にピンフォールを奪われて負け。
中嶋勝彦が秋山組に集中攻撃受けたが、フォールを許さず健闘。
これで、秋山組も苦しい。
メインの両チームが無得点にならない限りは、優勝はありえない。

○バイソン・齋藤組(10) Vs ●三沢・小川組 (9)

三沢の怪我をかばった小川がつかまって齋藤にフォールを奪われ負け。
三沢は、バイソンデニールで怪我を更に痛めつけられ、リング下で動けず、小川の救出に行けず。


優勝したバイソン・齋藤組の挑戦を受けないわけに行かなくなったチャンピオンチーム丸藤・杉浦組は、タイトルマッチを受諾した。



by あまるな! 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック