2021年03月11日

トップリーグ第3節 キヤノン対パナソニック

待ちに 待った ラグビー トップリーグ観戦。

2020シーズンは、直前で中止になって、一緒に行くことになっていたメンバーみんな、がっかり。

今年は、開幕が遅れましたが、3月6日大分開催は、予定通りでした。



2021 03 06 03.JPG


それにしても、すばらしいスタジアムです。昭和電工ドーム(大分スポーツ公園総合競技場)
収容観客数は、40,000人。
開閉式のドームですが、屋根の部分とスタンド部分の間が空いていて密閉式でないため、気持ちいい風も入ってきて、気温(室温)も外気と同じで違和感がありません。

2019年のラグビーワールドカップは、このスタジアムで5試合も行われました。


2021 03 06 05.JPG



で試合の方は、結果に、がっかり。

キヤノン 0−47 パナソニック 

6トライも取られた上、0トライ。

キヤノンの応援としては、まったく盛り上がらないまま、帰路につきました。

で、話のタネは、福岡選手(パナソニック)の走り!
ライン際を走るときは、ゴールに向かって一直線。フルスピードで駆け抜けます。
フィールドの中でボールをもらったときは、緩急つけて、相手をかわしながら巧い走りをします。

まもなく、福岡選手はラグビー選手をやめ、医学生になってしまいます。

2021 03 06 01.JPG



2021 03 06 02.JPG



上の写真は、観戦に行く前の昼メシ、大いに盛り上がったのはここだけでした。

別府温泉の蒸気で蒸した料理を腹一杯いただきました。


by あまるな! 20:45 | Comment(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。