2015年06月20日

予想を覆す予選順位 レクサスRCFが上位を占める

SUPER GT 第3戦 タイ 予選結果

2015 06 20 01.jpg前評判の高かったニッサン勢が公式練習走行まで上位を占めていて、今回はGTRの独壇場かと思っていました。
しかし、予選のQ1では、GTRは12号車が11位、1号車が13位、24号車が14位とQ2に残れず。
変って、Q2にレクサス勢が39号車以外の5台が残りました。
Q2の1〜8番グリッドを決めるアタックでも、レクサス38号車、36号車がいいタイムを出しました。
Q1でいいタイムをだしたWedsSport(19号車)でしたが、脇阪選手が攻めすぎてスピンし、8番手にとどまりました。


@ 38 ZENT CERUMO RC F    立川祐路 石浦宏明
A 36 PETRONAS TOM’S RC F 伊藤大輔 ジェームス・ロシター
B 46 S Road MOLA GT‐R    本山哲 柳田真孝
C  6 ENEOS SUSTINA RC F  大嶋和也 国本雄資
D 64 Epson NSX CONCEPT‐GT  中嶋大祐 ベルトラン・バゲット
E 37 KeePer TOM’S RC FL  A・カルダレッリ 平川亮


前回、数周でリタイアしてしまった立川選手は、今回のレースで挽回しようと必死だったんだと思います。
50Kgウエイトハンディがある、37号車もQ1、Q2とも頑張ったと思います。


GT300では、土屋武士選手のVivaC 86 MCが初のポールを取りました。11年ぶり(前回はGT500)のポールだそうです。
2番手、3番手につけたのは、前回も好調だった3号車のGTRと10号車のGTRでした。


by あまるな! 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421016285

この記事へのトラックバック