2012年05月26日

山内好投で このカード1勝1分

山内の好投で、日ハム戦は1勝1分。
交流戦に入って、4勝2敗2分。
まずまずの成績なのですが・・・
今日の内容はどうもよくない感じです。


5月26日 日本ハム - 中日 2回戦 14時 札幌ドーム

中日 4−2 日ハム

勝 山内  8試合 5勝2敗
S 岩瀬 25試合 1敗18S
負 ウルフ 8試合 3勝4敗

HR 加藤1号

どうしても走塁のミスが出てしまう。
7回の満塁のチャンスで出たブランコのフェンス直撃打。
これで、3塁ランナーだけしか生還できない上、和田が走塁死。
ランナー森野が本塁で刺されても、次の走者を3塁に残るのだから
状況は同じはず。
いや、ブランコが2塁まで行けるので2死2・3塁になっていた。
3塁コーチが変わってもいっこうに変わらないこのような判断ミス。

2回の井端のバント失敗も含め、なんとも攻めが雑なようです。

山内は、攻めとは逆に丁寧なピッチング。
小林正が打たれて自責点が2になってしまったが降板するまで
ナイスピッチングでした。
が、
山内投手のコメント
「回の途中で交代したくなかった。何とか踏ん張りたかった」

谷繁選手のコメント
「最近、前のバッターがランナーに出てチャンスをつくってくれるので何とか1本打ちたいなと思っているので、カーブか、スライダーですけど何とかうまく打てました。(最近、打撃が好調だが?)良いのか、悪いのかわからないですけど、良かったらもうちょっと打っているかもしれないですね。昨年はけがをする前に1安打しか打てていませんでした。今年は交流戦で打ちたいなと思っていたので、打ててうれしいです。(リードは)大変とかは思っていない。みんな必死に抑えようとしているので、それを助けられるようにやっています」

CD.JPG




by あまるな! 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラゴンズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。