2012年05月08日

今年も クールビス論

今年も、私が嫌いなクールビスの季節になりました。
節電、ECOに拍車がかかり、5月からもうクールビス宣言を出している企業や役所が多い。

私は、「クールビズ」が嫌いです。
「クールビス」というファッションや格好が嫌いなわけではありません。
「クールビズ」という、制度?、規則?、習慣? これが嫌いなのです。
「クールビズ」に反対というつもりもありません。
「空調を控え目にする」「室温を下げ過ぎない」「エネルギーの消費を抑える」のは賛成です。

そのために、「一同の者、ネクタイをはずせ」という統制が嫌いなのです。
人それぞれ、
暑いと感じたら外せばいい。
暑くない人は、外さなくていい。
暑いけど、マナーとして外さない。
TPOに合わせて一人一人がコントロールすればいいはずです。
私たちは社会人なのです。それくらいの常識にそった判断ができるはずですし、できないとおかしいでしょう。

私は、夏でも公式の場では、通常通りスーツの上着、ネクタイは着用すべきだと思うし、事務所でのデスクワークの時は、ノーネクタイのシャツ姿でOKだと思うし、そうしたい。

そして、この一見合理的な「クールビズ」本来の目的を見失ったような案内が・・・
「参加者の皆様にはクールビズにご賛同いただき、ノーネクタイでお越しください。ただし、上着は着用にてお願いします」
ノーネクタイで上着着用と、ネクタイ着用で上着はなし、どっちがクーラーを控えめに設定できるのでしょうかねぇ。

by あまるな! 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック