2020年08月25日

佐藤琢磨 インディ500 2勝目

8月23日、アメリカ インディアナポリスのインディアナポリスモータースピードウェイで行われた 「インディ500」(インディアナポリス500マイルレース)で、佐藤琢磨選手(所属チーム名:レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)が優勝。
琢磨(以下敬称略で書かせていただきます)は、2017年に初優勝、今回2度目の優勝でしたが、このレースで2度以上の優勝は20人目だそうです。
takuma.jpg

残り5周のデッドヒートの最中に他車がクラッシュし、イエローフラッグが振られセーフティーカーが入って追い越し禁止状態になりました。
その時点でトップを走っていた琢磨がそのまま200周目までトップをキープしてゴール。
イエローコーションでスロー走行のまま終了ではなく、一旦レッドフラッグでレースを中断して、再スタートで5ないし4周レースをするべきだとの声も出たようですが、特に問題がある裁定とは思えないので、文句なく琢磨の優勝!

今年は様々なスポーツ、競技大会などが開催できない状況が続く中、無観客でもこの歴史的な大会が開催されたことも意義があるし、ましてやアウェーの日本人ドライバーが2勝目を挙げたことは、本当に、なんというかアンビリーバブル&ワンダフル。

おめでとう琢磨さん。

実のところ、毎年5月に開催されていたこのレースが、この時期に延期されていたことを私は知らなかったのです。いつもなら、深夜から朝までGAORA SPORTSで生中継を見ていたのですが見逃してしまい、翌朝結果を知りました。ところが、こともあろうに24日の夕方からNHK・BSで放送があっていて、帰宅後みることができラッキーでした。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。