2014年06月23日

Gazoo Racing 3台ともクラス優勝 ニュル24H

ニュルブルクリンク24時間耐久レースで、3つのクラスに1台ずつエントリーしたGazoo Racing (TOYOTA)は、3台ともがクラス優勝、もちろん24時間完走を果たしました。

2014 06 23.jpg53号車は、LEXUS LFA は今回新しく開発したLFA。安定性、耐久性に不安を抱えていたそうですが、しっかり完走。GT3クラスの車に割って入り、見事な12位入賞。
飯田章選手の涙ぐんだインタビューが印象的でしたし、脇阪寿一選手もまったくおどけたところなく「市販車に活かされる」と答えていました。

48号車はニュル・マイスターの木下隆之選手が率いるチームですが何といっても豊田章男社長(MORIZO)自身がファイナルドラバーでゴールを切ったのが感動的でした。


SP-PROクラス優勝(総合12位)
No.53 LEXUS LFA Code X
ドライバー 飯田章 脇阪寿一 井口卓人

SP8クラス優勝(総合14位)
No.48 LEXUS LFA
ドライバー 木下隆之 石浦宏明 大嶋和也 MORIZO

SP3クラス優勝(総合55位)   
No.86 TOYOTA 86
ドライバー 影山正彦 佐藤久美 蒲生尚弥


総合優勝は、Audi R8 LMS ultra(4号車)。アウディは、ルマン24と2週続けて優勝という快挙を果たしました。

by あまるな! 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2014年06月15日

アンドレ おめでとう!

序盤をトップで快走してしていた7号車のTOYOTA TS040ハイブリッド が、リタイアしてからは、アウディ勢とポルシェ勢の一騎打ち。

01.jpgアウディは3台体制でしたが、開始1時間半ごろの豪雨で3号車(アルバカーキ、ボナノミ、ジャービス)がクラッシュしたため、1号車(ディグラッシュ、ジェネ、クリステンセン)と2号車(ファスラー、ロッテラ―、トレルイエ)が、トラブルを修理しながらもゴールを目指す。
一方、ポルシェは、2台体制。14号車、20号車、2台の919ハイブリッドでアウディの連覇を阻止するめ必死の追走。

結局、アウディの2号車車が24時間を制覇しました。
ドライバーのアンドレ・ロッテラー選手は、これで3度目のルマン制覇。
日本のGTで素晴らしいキャリアをもつ選手が活躍してくれて、とっても嬉しいです。
これは、同じチームのブノア選手にも言えることです。
今回、ロィック選手も1号車を駆ることになっていましたが、予選で怪我をしてしまって、その雄姿を見ることがかなわず残念でした。

ルマン24 結果
 優勝 アウディR18 eトロン・クアトロ 2号車
 2位  同                1号車
 3位 トヨタ TS040 ハイブリッド  8号車

ということで、まわりはサッカーで盛り上がっていたようでしたが、私はルマンとアンドレとカズキでもりあがった24時間でした。

by あまるな! 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2014年06月15日

無念!ニッポン

サッカーのワールドカップの日本代表戦も見ず、TOYOTAの7号車の応援をと思っていたのですが、放送再開前にリタイアしてしまいました。(終盤の放送開始時間は日本時間16時からでした)

スタートからずっとトップを走っていたTOYOTA TS040ハイブリッド 7号車。
ドライバーも日本代表の中嶋一貴。そしてステファン・サラザン、アレキサンダー・ブルツ。

03.jpgトラブルでストップしてしまったのは、現地(ルマン)時間で、4時59分。
スタートから14時間経過したところ、ということは、日本時間では今日の正午ごろ。
ちょうどWカップで日本がやられていたころだったのです。
一方、序盤の豪雨の中でクラッシュしてしまった、同じくTOYOTAの8号車(アンソニー・デビットソン、ニコラス・ラピエール、セバスチャン・ブエミ)は、修理をしてレースに復帰。
なんと、3位表彰台を獲得しました。

中嶋選手談「アルナージュを過ぎたところで、何の予兆もなく突然止まってしまいました。電源が落ちたので無線も使えない状態で、止まった時には火も出ていたのでその対応でも忙しかったです」

by あまるな! 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ